皆様、こんばんは。

役者であり
劇団員であり
歌い手であり
MCであり
アクションスターであり
エンターテイナーであり
1人の人間である

中尾周統です。


何も言わないでおこうという意思はあるけど、発信者として何も言わないのは違うと思うので
直接的に触れずに何かが伝わればいいなぁと思います。

皆さん、いつも応援ありがとうございます。
役者を始めて今年で7年か。
長いようで短い7年でした。

恥かいて、必死なって、悩んで、楽しんで、夢描いて
仲間ができて、守るべきもの、背負うべきものができて

一生懸命やってきました。

そこで、歴史的緊急事態との直面である。

やはり、人生は何が起こるかわからない。
自分で書いた本の台詞を思い出す。

少し抜粋。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   スイッチを押す2人。
  手を組む2人。

優佑   「当たった…。」
信太郎  「…どっちでも良かったんだよ。」
優佑   「え?」
信太郎  「選ぶことに意味があるんだよ。」
優佑   「…。」
信太郎  「選択肢は赤か青じゃなくて、押すか押さないか。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『End of the day』より

前後が気になるかとは思いますが
何かを選択しないと好転なんてしないんです。


面白いなぁ。
今回の一連からでも、自分は困難を楽しめる人間であると再確認できる。
行動するだけ。止まってる時間はない。
例え、どんな状況に陥ってもできることはある。
それは歴史からでも学べる。
先人たちの想いは引き継いでいきたい。

自分の心持ち次第。

あまり、過去を思い返すことはないけど
ここ数日は色々と考えたりした。

激富と出会い、座長と出会い、仲間と出会い
人生を作るのは出会いなんでしょうね。

誰と出会って誰と時間を共有するか。
あとはどれだけ世界を見られるか。
どれだけ歴史と向き合うか。

このブログを読んでくださっている皆様との出会いも
僕にとっては大切な出会いの一つです。

いつも感謝しております。
一旦、ストップしてることもあったりしますが

僕自体が止まることは絶対にありません。
死んでも、止まらないんじゃないかな?

今出来ることを進めます。

93601


これからも応援して下さい。
このダラダラ毎日ブログは続きます。

これからも読んでくださいねっ!!!



ここに誓います。
僕は必ず、日本を背負う俳優になる。




中尾周統